おとをきいたその夜のこと

おとをききたい
あなたが雪の上を歩くそのときの
おとをききたい
遠くの街で鳥が飛び立つそのときの
おとをききたい
あなたのこころが温まるそのときの
おとをききたい
長い眠りから覚めるそのときの

あかりを灯す夜
たしかに存在した
いのりがうたになる
その瞬間が

おとはうまれた
静寂の中で
森の生命たちは
ざわめきを感じていた
身体中をそばだてて
その一瞬に
その一瞬に

あかりを灯す夜
たしかに存在した
いのりがうたになる
その瞬間が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。